上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行って来ましたタワレコライブ!
え、これだけ見れてタダなの?お金払った方がいいんじゃ・・・??
それくらい素晴らしいライブでしたよー!という訳で忘れない内にレポしちゃおうと思います!
記憶力皆無なので色々間違ってるとことか抜けてるとことかあるかと思いますが、その辺はご勘弁を・・・(笑)もし見つけた方はコメントでもメルフォでもいいんで教えて頂けるとありがたいです。
それではまずは第一部からどうぞ!
◆出演順◆
BEAT CRUSADERS→GOING UNDER GROUND→THE COLLECTORS

◆入場◆
寝坊して開演ギリギリに入場・・・整理番号全く意味なし(泣)
ここにきて連日の無理が祟っての寝坊・・・まぁやると思ったけどさ。それでも12時半くらいには新宿に着いて余裕かな~なんて思ってたら・・・ロッカーがない!!そうだよね、普通に考えて700人もの人が一挙に集まるんだもの・・・そりゃロッカーもなくなるわ・・・。散々歩き回ってやっと見つけたコインロッカーに荷物を預けいざ会場へ!

《BEAT CRUSADERS》
一番手はBEAT CRUSADERS。私が入った時にはもうタワレコの人の前説が始まってて本当にギリギリセーフでした。とりあえず左側のタロウちゃんサイド後方に陣取る。
もう結構人が詰まっちゃってて7~8列目で既に前に抜ける隙間もない状態。なんとか自分の場所に収まると、すぐにSEが流れてメンバー登場!人が前に流れる流れる!ライブハウスでもないのに大丈夫なのかと思いつつ、その流れに乗って多少前に。しかしメンバー全く見えず・・・こういう時、背の低い自分を呪います(泣)

ライブ開始。
曲順とか曖昧なので、MCとか、覚えてるやつだけ。
・「今日は雨の中来てくれてありがとう」
・「昼間っから、しかもこんな雨の中、馬鹿じゃねーのお前等(笑)」
・IMAGINE?前MC
ヒ「今日もコール言っちゃいますか!」
ここでお馴染みの「オマ○コール」勃発!(笑)
いつものごとくドラムに合わせて叫ぶ叫ぶ!
ヒ「もっとイケんだろー!!」
客「オーー!!」
みんなで大声で叫んで楽しかったー!
「あそこの塔まで聞こえるようにー!(と言って後方にあった塔を指す)」とか
「女の子だけ~vv」とかね(笑)
タロウちゃんが
「新宿都庁まで聞こえるように!!」
って言ってたんだけど、聞こえたらまずいって(笑)
・「オマ○コール頑張ってくれた女の子達に捧げます」IMAGINE?→JAPANESE GIRL
・そうそう、どこだったか忘れたけど一回将棋倒しになった。結構序盤だったかな?それくらいビークルのライブは盛り上がりはヤバかった!助け起こして下さった方、あの時はお礼言えませんでしたが、本当にありがとうございました!

[セットリスト](順番適当です・・・)
SE<THERE SHE GOES>
I CAN SEE CLEARLY NOW
THE DISAPPOINTED
IMEGINE?
JAPANESE GIRL
DAY AFTER DAY(新曲)
RUSK

他にももう何曲かやってた気がするけど、これ以上は思い出せず・・・orzてかこれが合ってるかどうかさえ定かじゃないし・・・正しいセットリスト募集中;;

初めてIMAGINE?生で聴いたんだけど、なるほど元祖ってそう言うことかと!(笑)
RUSKの雄叫びも面白かったし!あれちゃんと声で出してんのね!
ラストの曲(RUSKかどうかは不明)の前に次で最後~みたいな事を言った時の客の反応に
「お前等今日は金払ってないんだから文句言うなよ!続きが見たかったら今度は金払って来い!(笑)」とのこと。
ええええ行きますとも!!
そういや「金払ってないんだから」ってのは事あるごとに言ってたね(笑)ヒダカさんらしい。

ライブ終了後、一気に前の方の人が掃けて2列目くらいに。みんな疲れちゃったのかな?(笑)
そこで初めて気付いたんだけど、最前の仕切り(柵って言うの??)がない!!というかあるにはあるんだけど普通のセレモニーとかで使われるようなポールとポールを布製のロープで繋いである簡単なやつ。どうやら最前が倒れなかったのはスタッフさんが人力で支えててくれたおかげみたいです・・・スゲー。最後にヒダカさんが
「今日はタロウのピックを配ろうと思って持ってきたんだけど、止めます。あとで頑張ってくれたスタッフの人達に配ります」
と言ってた意味が解りました・・・。スタッフの方々お疲れ様です。


《GOING UNDER GROUND》
ビークルで暴れた後はGOINGでしっとりと。
今日はアコースティックライブで、しかもDr.の河野さんがキーボードを弾くというのは初の試みらしい。これは必聴。

[セットリスト]
STAND BY ME
かいき
トワイライト
orion

他にも何曲かやってたんだが、とりあえず曲名が分かるのがこれだけなので・・・(汗)
かいきを歌う前に、
「この曲はギター持ちながらだと上手く歌えないんだよ」
って言ってた松本さんが印象的。その後河野さんの近くじゃなきゃ歌えないって言ってキーボードの近くで歌ってた。
「本当はこうやってマイクだけ持って歌ってみたいんだけどさ、この歌い方をする奴でこんなコロコロ(だったかな??)した奴いないじゃん?(笑)前代未聞。だからギター持って歌ってます」と。
個人的にトワイライトが聴けたのがすごく嬉しかったなー。泣きそうになりました。この曲好きだー。

で、とにかく喋ってたこのバンド(笑)
MC思い出せる分だけ書き出してみまーす!(順不同、言い回しとかも多分全然違います;;)
■散髪
松「俺髪切ったんだけど、俺んちの近所の○○○(店名忘れた)ってとこでいつも切ってんの。そこはカットが2400円で、俺的にはカットにそれ以上はお金出したくないんよ。2400円以上はなんか許せない。で、最近気付いたんだよ。髪切って貰ってる時って正面からしか見えねーじゃん。それでずっと正面からの髪型だけ見てかっこいいなーとか思ってたわけよ。そしたらこないだフと鏡で横から見てみたらさ、(ここで後ろを向いて襟足辺りを指差す)ヤべーんだよ襟足が!ピシーッてなってんの!(笑)ね、やばくない?(と隣にいた中澤さんに振る)」
中「やばいねー(笑)」
松「ゲイみたいでしょ??いや、違うけどさ!?(笑)」
そうだったのか・・・(違)
■危機?
「結構この3人ではやっててね、最近形になって来てる。これでいつでもGOING UNDER GROUND解散出来ますよ!(笑)」
いやいやいや;;
■ごーいんぐあんだーぐらうんど
松「俺達普段は5人でライブとかやってるんだけど、今日は3人しかいないから、ゴーイングアンダー、くらいかな?」
中「え、ゴーイングアンダーグラ、でしょ?(笑)」
松「ゴーイングアンダーグラ・・・!?」
中「いや、ゴーイングアンダーグラウ、かな?(笑)」
松「ゴーイングアンダーグラウて・・・あの2人そんなに何もやってないの!?(笑)」
ひどい。
■キーボード
「ボーカルとギターとキーボードだったら、普通ドラムがキーボードやるんじゃなくてキーボードの奴が来るじゃん。あ、うちのバンドちゃんと別にキーボードが居るのね、ようちゃんってんだけど。で、それをようちゃんに言ったらさ、何て言ったと思う?それ俺じゃなくてもいいでしょ?だって(笑)」
よ、ようちゃん・・・!!
■ようちゃん繋がりでもう一つ。
松「昨日実はあんまり寝てなくてさー。家帰ったの4時とかで。昨日は仙台でライブがあったから、今日のためにも喉休めなきゃって早く寝るつもりで漫画とか読んでたのよ。そしたら12時くらいに電話掛かってきてさ、ようちゃんからで、これから飲みに来ないかって誘われて。あいつオレンジレンジと仲良いらしくて、今一緒に飲んでるから来いっつーんだよ。でも俺次の日ライブじゃん?何回も断ったんだけどそれでも来てくれっていうんだよ。なんか話が持たないとか言って」
中「それ本当に仲良いんですかね?(笑)」
松「知らない(笑)。で、仕方ないからそのまま飲みに付き合って、俺は酒飲めないからずーっとコーラばっかり飲んでてさ。無駄に糖分取り過ぎみたいな。で、家帰ったのが4時。本当最悪だよ。」
松本さん、可哀想です・・・。
■ブックオフ
松「昨日仙台に行ったって言ったじゃん。日帰りだったから速攻家帰って、近所のブックオフに行って色々物色してたのね。で、丁度欲しかったCD、CD自体は持ってたんだけど盤だけ無くしちゃってたやつ、それが安かったから買おうとしてたら声掛けられたんだよ、GOING UNDER GROUNDの松本素生さんですか?って。そいつ男だったんだけど嬉しくてさ、いや、もちろん女の子でも嬉しいけど。やっぱ声掛けられたら嬉しいじゃん。それでちょっと話し込んじゃって。そしたらそいつ前にもブックオフで俺に会って、サインも貰ったって言うんだよ!そのブックオフって俺が前住んでたとこの近くで、しかもそこに住んでたのは2年も前でさ。それが偶々、しかもまたブックオフで再会するってすごくない??昨日もそいつと俺たち何かあるよな!運命だよ!って話して。その日はもうすごいいい気分で帰った。」
中「で、そのあとようちゃんから電話が着たんでしょ?(笑)」
松「そう(笑)いい気分も全部台無し」
ようちゃん大活躍。

MCはこんなもんかな。とにかくすげー面白かった。
あとMCの途中でビルの煙突(?)みたいなとこから汽笛っぽい音がして何回かMCが中断されてたりしたんだけど、あまりにもいいタイミングで鳴るので
「誰かがボタンで操作してるんじゃないの?誰だー?ボタン持ってる奴ー??(笑)」
と手を上げて会場を見回す松本さん。
さすがに3回目くらいになると
「いちいち突っ込むのも疲れたよね。」って呆れてたけど。


《THE COLLECTORS》
さぁいよいよ第一部もラスト一組。トリです。
THE COLLECTORS。私正直このバンド知らなくて、てっきり新人さんかなーなんて思ってたんですが、今年でデビュー20周年の大ベテランの方だったらしく・・・;;言われてみれば周りにいるファンの人もどことなく落ち着いた方が多いような・・・無知ですいません;;

そんな予備知識の全くないまま突入したライブですが、
かなりカッコ良かったです・・・っ!!!
音楽は年代問わず心に響くものだと改めて実感させてもらいました。予習してかなかったのが本当に悔やまれる・・・。

「俺たちは今年でデビュー20周年なんだけど、お客さんで20才以下の子いるの?」
「はーい!(と、中央2列目くらいで手を上げる女の子)」
「本当に!?お父さんいくつ??」
「55~!(だったかな?)」
「・・・良かった~!(笑)お父さんに困ったら俺がお父さん代わりになってあげるよ!」

どうやらお父様の年齢よりは若かったみたいで喜んでおられた(笑)
40代くらいなのかな?あんなカッコいいお父さん反則だよね。
私もああいう大人になりたい。


そんな感じでTHE COLLECTORSがトリを飾って無事第一部が終了。
一部だけでこんなに盛り沢山の内容だったのにこれからまだ二部もあるなんて!!なんて贅沢なイベントなんだ!!!
二部はまた近いうちに書いてUPしますー。

◆余談◆
ライブが終わって下に降りるエレベーターで、なんとTHE COLLECTORSのドラムとベースのお二方と乗り合わせました・・・!!いや、もうびっくりしたの何のって!!あまりにも普通に乗って来るからさ!
よっぽど「お疲れ様でしたー!」とか言おうと思ったんですが、根が極度の小心者なので、ひたすらアワアワしてるうちに他の人がいっぱい乗ってきて結局叶わず・・・うぅぅ(泣)あんな良いライブを見せてもらったのにお礼の一つも言えぬとは・・・情けないです。
お二方は2階か3階くらいで降りて、そのまま行ってしまいました。1階まで一緒だったら声掛けたんだけどな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a vicious life, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。