上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトル英文が間違ってても気にせずに。
英語を勉強してたのなんてもう何年も昔の話。

普段はレポなんて書かない私が、いつになくやる気になって、
MDで昨日のセトリのプレイリストとか作って聴き直してる。変な感じ。
COLD SLEEPだけ音源無くて抜けてるから、
代わりに幻のラストとして、EAGLE SHARK PANTHERを入れておいた。
問題ないよね?(笑)

昨日のライブは、ちゃんと自分の記録として、その時の感情とかを、
残しておきたいと思ったんだよ。



HDDT in NHK HALL

以下、自己満足レポ。(ネタバレ有)

ちなみに無駄に長いです。しかもウザイです。語彙ありません。
読む方はご覚悟をw
いよいよ来てしまった。この日。

5/14 HNKホール
Hallo Dear Deadman Tour 本編開始。


思えばこの日程が発表されたその日。
有り得ないと思った。
テナーがNHK!?何でよりによってホール??!って。

てっきりファンに愛想が尽きたのかと・・・(笑)

つい最近まで、その不安は拭われることはなく、
それどころか広がるばかり。

だって想像がつかない。人ってもんは自分の予想の範疇を超えると、
恐ろしいと感じてしまうのだよね。不快とか。そういう。

でもそれは、たった2日前、いとも簡単に、
一瞬にして吹き飛ばされてしまった。

それが、5/12 LIQUIDROOM ebisu、追加公演にして初日(笑)

あの勢いを目の当たりにして、不安は期待に取って代わる。
数日後のNHKホールが、恋しくて堪らなかった。


昼過ぎに家を出、渋谷へと向かう。
寝不足。(笑)
興奮で寝られないとか、久しぶりの感覚。

電車を2度も乗り間違えたのはきっとこの所為だな(爆)

下北沢経由で行くつもりが、気付いたら代々木上原で、
下北沢に戻るつもりが東北沢で降り・・・。
道に迷うのはしょっちゅうだけど、こんな乗り間違いは初めてだわ。
お陰で予定から30分近く遅れて渋谷到着。
危ない・・・これ開演ギリとかだったらどうすんだ・・・orz
早く行くに越したことないね・・・。

到着は遅れたけれど、元々が早い時間。
この時点で4時過ぎくらい。余裕。
渋谷タワレコで時間潰し。

5時の時点で友達と合流。
母の日のプレゼントを選んでいたらしい・・・え、偉い!
私生まれてこの方、ちゃんと祝ったことないよ・・・(爆)

ゆったりNHKホールに向かう。焦りはなし。
会場に近づくに従って、すれ違う人にTシャツが増える。
あ、ポリか!そういや同日だったんだっけ!
同じ方向に向かうポリTにタオルの方々。

テンション上がる(笑)

いよいよ会場も間近になって、
そこで何か催しがされてることに気付く。

近づくと"Thai Festival"の文字!
タ、タイフェス・・・!!!!!!!(爆笑)
なんか色々売ってたよ。食べ物とか民芸品とか。
ていうかフェスだよ!フェス!!!
だってフェスっつったらあれしかないじゃん!夏フェス!ライブ!(偏見)
そんなんで違うところに思考が行き、妄想開始・・・。
ダメですね・・・モッシュ!モッシュ!とかバカなことを話しつつNHKホール到着。

ホールライブなんて初めてだし、指定席だしで、
人いるのかなとか思ったけど、杞憂に終わる。
いるいるいる、会場の周りに人人人。

それと共に色んな人に会う。

本当いつも思うんだけどさ、
これってすげーことだと思うのね。
だって最初、本当に初めて彼らのライブを観た時は、
周りはもちろん知らない人ばっかりで、声を掛け合うことなんてなくて。
相方さんともまだ今みたいに打ち解けてなかったし。
それが今じゃどうよ、会場にさえ行けば、
知ってる人がいて声掛けてくれる人がいて。
今日また知り合って挨拶出来た人とか。
すっげー大きな財産だと思う。

と、今になって感慨に耽りますが、
当時はそんなこと考える余裕はなく、
騒ぐ、騒ぐ(笑)

コンビニ行って、食いもん買ったりして、
開演時間15分前くらいになって入場。
席に着く。
私は1階19列(後ろから2列目)ひなっち寄り。
友達がトイレに行くと言って戻ってくるなり、
『大木さんが!大木さんが!』と(笑)
どうやらACIDMANの3人とELLEGARDENの生方さんが関係者入り口にいたらしいです。
後から色んな人のレポ見てたら、ELLEも全員とさわおさん(pillows)もいたとかいないとか・・・。
すげー。
別に会いたかったーとかはないんだけど、
(あ、別に嫌いとか、変な意味じゃなくね。ELLEもACIDMANもpillowsも、大好きですから。)
ELLEとかさ、あえてライブハウスにこだわってライブをする彼らには、
今回のホール公演はどういう風に映ったんだろうとか、考えてしまった。
どんな風に観て、感じていたのかが、すごく気になる。

開演時間を10分程押してのアナウンス後、客電が落ち、
いつものSEが流れる。


HDDT in NHK HALL開始。

SET LIST
01 TRAVELIG GARGOYLE
02 WHITE ROOM BLACK STAR
03 戦士の屍のマーチ

04 REMINDER
05 THE REMAINS
06 PLAY THE STAR GUITER

07 Blue Sinks In Green
08 Discography
09 The Nowarist

10 Dead Head Beat
11 Sad Code
12 COLD SLEEP

13 TENDER
14 Tornado Surfer
15 KILLER TUNE(Natural born)

16 The Novemberist
17 Melodic Storm-DEAR EDIT-
18 MAGIC WORDS

19 Farewell Dear Deadman
20 ROCKSTEADY


セトリは友達のところから拝借。(ありがとうございます)
こんなの覚えられるはずありません。


袖から出てくる3人。
SEも入場も、何らいつもと変わらない。


TRAVELIG GARGOYLE
この曲が最初で良かった。
始まる前から『私MAGIC WORDSが最初だったら無理』って言ってたし(笑)
好きな曲。
ここでもう、椅子とか距離とか関係なくなる(早)
ひたすら飛んで跳ねて、拳を挙げる。
ライブハウスだろうがホールだろうが、楽しみ方は変わらなかった。
周りの人に引かれようが何しようが構わないと決める(笑)

WHITE ROOM BLACK STAR
これまた・・・いい選曲で・・・。
同じく、飛んで跳ねて。

戦士の屍のマーチ
前奏で一瞬思考停止。
え、これ、うそ、マジで・・・!!?!?!
みたいな心境(笑)
とか言っといて曲中盤までタイトル思い出せなかったけど(爆)
聴いた曲とタイトルとが結びつかないから、
セトリも覚えられないのだね・・・。仕方ない。
なんて考えてる暇はなく、
聴き入る。
思えば初めてですよこの曲ライブで聴くの。
恵比寿のSKYLAB HURRICANEもそうだけれど。
今回はインディーズから毎回一曲ずつでもやるのかな?
それにしてもホールで聴く戦士は格別でした。
いい選曲(2回目)
終わってしまってから、最初の鍵盤を何で引いてたか聴くのを忘れて後悔。
後で友達に聞いたら、どうやらギターでやっていたようだったけれど。
もっとじっくり聴けば良かった・・・orz

REMINDER
曲に入る前、ホリエ君がギターをじゃらーんってやるので、
分かった。この音階は、きっとこの曲。
・・・とか偉そうなこと言っといてTHE REMAINSの間違いだったらごめん。
どっちかは、ギター音で、分かったはず。
好きな曲です。聴き入る。

THE REMAINS
多分この曲だと思うのだけど、
ひなっちとシンペイさんが、顔見合わせて、
楽しそうに演ってるの。
席の関係で、ホリエ君は普通にしてるとほとんど見えなくて、
ずっとこの2人を見てた。
本当にさー、たっのしそうにリズム謀ってんのよね!
元々好きではあったけど、更にこの曲が好きになった。

PLAY THE STAR GUITER
はい大好き曲来たーーーーーーーーーーーー!!!!!!
最初のキラキラ音でアガルね。
ひたすら拳でリズム取って音に乗る。
常に口パク。声は出てないはず・・・。(出てたらごめん)

Blue Sinks In Green
この曲も好き。楽しい。
あ、来た!と思って身構えるも、
お?何だ??この音!!!
音響の所為か音がグワングワン割れて聴こえる。綺麗に響かない。
いや、響くゆえの不協和音か?
リズムに乗るも、やっぱり音の悪さは感じた。
この曲はライブハウス向けなんだ、と思った。
小刻みに歯切れ良く、て言う音は、やっぱりホールの音ではないんだね。
何でも出来るわけではないんだ。
一つ勉強。

Discography
踊る。この曲の間奏のひなっちが堪らなくカッコ良いと思う。
ライブでしか聴けないアレンジ(って言うのか?)

The Nowarist
デッドマンの中でも殊更好きな曲。
サビが突き抜けるような感じがして、聴いてて気持ちいい。
反戦タイトルの割に曲調明るいよね。
実は歌詞カードをまだ見てないので(殴)
何を唄っているのかが全くおぼろげなのですが・・・。
メロディーだけで十分とか、思ってしまうのは、
ホリエ君に失礼よね・・・。
今度またじっくり見ます。

Dead Head Beat
決して明るい曲調ではなく、
でも勢いに富んでいて。
サビのホリエ君の弾むような声に合わせて、
拳を振るう。
危うく隣の人を殴るところでした・・・。

Sad Code
この曲はドラムが映えると思う。
で、ずっと見てたら途中のピアノ音みたいのを、
シンペイさんが打ち込んでるのを目撃。
なんかすげーカッコ良かった・・・!!
本当、そこだけで惚れた。

COLD SLEEP
ごめんなさい。この曲知らないとか思ってたorz
あれ、聴いたことない・・・?
いや、あんま聴かないけどあるような気はする・・・でもどこ??と。
ブラックスターラスターだったんだねぇ。
納得。
うちにDVDプレーヤーないからまだ2回くらいしか観てないんだよあれ。
音源もなくてプレイリスト作れなかったし。
これどこに入ってんだ??

TENDER
いつの間にかひなっちの前にマイクスタンド。
来た。来たよこれ!(笑)
『本当は違う曲をやるはずだったんですけど、急遽こっちに』
と言うホリエ君の前振りでスタート。
聴きます。聴き入ります。
こんなにまともにひなっちのコーラス観るの初めてでした。
感動してしまった。

Tornado Surfer
これもドラムが好き。
ゆったりだけど、ズンと重い音。
ついついバチを目で追ってしまう。

KILLER TUNE(Natural born)
今日一番の見せ場だったんじゃないか。
ステージ後方に組まれていた、工事現場みたいな鉄の枠組み。
何だろうってずっと謎だったんだけど、ライトだったのね!
横に何本も並べられた蛍光灯のような細い光が、
上下に走って模様を描く。
まさにコンポの音量の電光掲示!
細い光が音に合わせて上下するんですよ!すげー!
・・・て、言葉で言うと分かり難いな;;
動き方としてはあれです、仮装大賞の得点盤!(笑)
あれの光る部分を蛍光灯でイメージして、
横にいくつも並べれば完成!!!
・・・て、余計分かんねーか;;
なんか上手い表現ない・・・?
そんな舞台演出に感動を覚えつつ、跳ぶ。

The Novemberist
あーこの時は、どこ見てたんだっけ?
もう覚えてない。
ナカヤマさんのコーラスがすげー綺麗に聴こえた曲が
2曲くらいあった気がするんだけども、
これかなー???それともMelodic Stormか???
多分もう一曲はDeadmanなんだけれど。
この曲もベースも、堪らなく好きです。
あの存在感。痺れる。

Melodic Storm-DEAR EDIT-
最初のじゃーんって言う試し弾きで分かったぜ!ビビビ!
そして歌詞間違えてましたねーホリエさんw(ニヤリ)
てか飛んだのかな?何かモゴモゴ言ってたけども。
ありです、あり。(笑)
モゴモゴ言ってる時の表情見ようとしたんだけど、
遠くてよく分かんなかった。チッ!
あーこのベースもたまんねぇ・・・!(全部じゃん!)

MAGIC WORDS
やっぱ来たーーーーーーー!!!!!!!!
好き!好き!大好き!!!!
暴れます!椅子があろうがなんだろうが、関係あるか!!
いつもの間奏で、シンペイさんどうすんのかなーと思ったら、
ステージ下降りて、
戻って、

こけたwww(爆笑!!!)

あれは何?わざと?
それともマジにこけたの??
遠いから分かんねーーーーー!!

Farewell Dear Deadman
いいね。サビでマイク音量の関係なのか、
ハモってるシンペイさんの声のがでかくなったりしてたけど、
すぐ持ち直したし。
声綺麗だなーって、改めて思いました。シンペイさん。

ROCKSTEADY
Deadmanで終わりかと思ったら、
やりやがった!!これは反則だよ!
アガらない訳ない!!!
記憶を失う勢いで暴れる。


最後に舞台中央に3人集まって礼。
順々に、ありがとうと。
そして深々とお辞儀をして、去って行く。


鳴り止まないアンコールの拍手。
結局アンコールは無くて、そのまま閉幕を迎えた訳だけど、
あの拍手は今日の公演の成功を物語ってたと思う。
係りの人に追い出されそうになっても、公演終了のアナウンスがあった後でさえ、
ほとんどの人がその場から動かず、
かなり長い時間ひたすら手を叩いてた。
みんな物足りないから叩いてる訳じゃなく、
今日の公演を、ストレイテナーを心から称える拍手だったよ。
あんだけ広い会場が、一つになって、一定のテンポで奏でられる手拍子は、
圧巻だったなー。


会場を出、みんなと合流。
思ってることは一緒だった。
ただただ最高だと言う事。
熱っぽく、今日やった曲のことを振り返る。
仕草とか、色々。

考えてみれば、こんなにじっくりとテナー観るのは初めてで。
いつもより表情だったり仕草だったり細かい音だったりが、
よく目についた。
ホール公演、悪くないよ。
また観たいと、素直に思えた。

帰りに無理行って友達を同じ電車に乗せ、
一緒に帰る。話も弾むぜ!
次観られるのはいつかなんて話をして、
6月は遠いな、と思う。
ワンマンに関して言えば、7月だ。
狂おしいくらい待ち遠しい。

またきっと、新しいことを携えて、
帰って来てくれると信じて、7月を待ちます。

ありがとうストレイテナー!
あんたらすごいよ!!!
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a vicious life, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。