上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにやってきましたよ!この日が!
東京事変@鎌倉芸術館!!!
やっと林檎嬢が生で見られる~!!ってことで行って参りました。
昼間は家でグデグd・・・否、事変のMDを延々回して予習予習。
そして5時過ぎ頃に家を出発。

実は今回の会場の鎌倉芸術館、ものっすごい近いんです。
家からバスで20分、往復400円ちょいとか言う距離。
毎回ライブ行くためにチャリ20分+電車を1時間とか1時間半とか乗り継いでる自分には、信じられない近さ。

それもそのはずこの会場、本来は林檎姫のような、
有名アーティストが来てくれるようなところでは決してなく、
普段はオケとか、地元中学の合唱コンとかに使われているところ。

て言うかむしろ私も合唱コンで使ったし・・・!!(笑)

ついでに言うと、こないだの成人式もここでしたよ。
次長課長ですらちょっと感動したのに、
まさか同じステージに林檎嬢が上がることになろうとは、
夢にも思ってなかったなぁ。

そんな訳で家を出、バスの時間がちょっと先だったので、
少し歩いてモノレールで行くことに。
久々にモノレールなんて乗ったよ。
ゆりかもめとは違って吊り下げ式なので揺れる揺れる。
車両がやけに小さく感じてびっくり。こんなに小さかったっけ??

行き慣れた道を歩いて会場へ。
いくら方向音痴の私だってさすがに迷いませんよはっはっは。
着いたまた見慣れた会場に見慣れない数の人人人。
もう物販は終わって入場列が出来てたんだけど、
物販はどこでやってたのかな。

やはりいつも行くライブと違うのは客層か。
普段はバリバリTシャツタオルジーパンの客しか見ないので(笑)
着物だったり普段着だったり、珍しいものを観る目で、鑑賞。
年齢も疎らだったなー。
若者からおじさんおばさん、仕事帰りのスーツの人とか。
バスガイドのコスプレなんかも、いたね(笑)

そして18時。入場開始。
どうせ指定だし~と思って隣のヨーカドーに向かう私(笑)
結局3、40分くらいに入場を済ませ、中へ。
物販、並んでたねー。
金欠なので何も買いませんでしたが、トワレは気になった。
どんなカホリがするのでせうか。

会場に入って席を探す。
私の席は3階、2列目左端。
段差があるので人の頭で見えないということはないですが、
ステージからは結構な距離、あります。
いやいや、観られるだけで聴けるだけで、十分っすよ。

ステージには小野小町っぽい(←ウソかも・・・)柄の幕が下りていて、
『あれ、こんな幕だったかしら』と思いつつも、開演を待つ。

19:10
予定時刻から10分押しで、照明が落ち、開演。
幕が上がる・・・かと思いきや、

え、幕が透けた!!?

びっくりした。すごい。
先程まで平安女性を映していた幕が、
ステージからの照明で透ける。
そして現れたるは白無垢姿に番傘の林檎姫。

幕には雪(吹雪??)の映像が映し出され、
舞台上は雪景色に。うすーく顔の様な陰も映っていた気がするのだけれど、
あれは林檎さんだったのかな。

音もなく(着物独特の歩き方で)ステージ上を歩く林檎嬢。
着物袖を持ちつつ傘を掲げる姿などは、まるで舞台でも観ている様。
歌うは『雪国』
御見事です。

そのままステージ上で白無垢姿から青のワンピースに早着替え。
『現実を嗤う』
正直『雪国』の時はマイクが見えなかったのもあって、
歌を聴いても夢見心地、CDがそのまま流れてるような感覚しかなかったのが、
この曲で一転。本物だ、と確信。感動。
声量が半端無い。
スピーカーからかなりの距離があるこの場所でこれなのだから、
1階席の人は相当いい音を聴けているのだろうな。羨ましい限りです。

『少女ロボット』
知らない曲だなーと思って聴いていたら、
どうやら林檎さんがともさかりえさんに提供した曲だったようで。
ちゃんと予習して聴きたかった一曲。

『歌舞伎』
能面がいっぱいスクリーンに映ってたのはここかな??
メンバー紹介あり。

『顔 faces』
インスト。
スクリーンには日本語詩。
ステージ上後方に枯れ木のディスプレイが置いてあったのだけど、
そこに重ねるように、木の葉の映像が映し出される。
花開き散り、青く茂る葉が段々と秋色に染まり身を落とす。圧巻。

『手紙』
ここでプチアクシデント発生。
なんと林檎さん、歌詞を間違えた様子w
丁度この時下向いてた私は決定的瞬間を見逃す・・・クッ!!
でも恥かしそうに何度も謝ってる林檎さんはしかと観ました!
手を合わせ深々と頭を下げる林檎さん。

か、可愛い・・・!!!!

その後のMCでも何度となく謝ってました。
珍しい瞬間に立ち会えたのかな??なんて(笑)

『サービス』
メンバー全員白いスーツに身を包み、パフォーマンス。
拡張器を持って踊る、歌う。拡張器似合うー!(笑)
5人で入れ替わりに歌って踊って。
ここで幕が落ち、林檎さんとあと2人(バックダンサー??)のみ、
幕の外に取り残される。
3人で志村○んの変なおじさん踊り(古い??)をしていたように思うのだけど、
違うかな。

『本能』
林檎さんの歌が聴けるとは思ってなかったので嬉しい。
好きな歌です。

『Dynamite』迫力でした。
声にドスが効いてる、と言うとちょっと言い方が悪いようですが、
本当にそんな感じ。
『修羅場』はシングルの方が勢いがあって好きなのだけど、
ギターソロは別のようで。
あのパートだけついつい注意深く聴いてしまいます。
素敵。

『喧嘩上等』
歌舞伎のような台詞の掛け合いがある。
それに呼応して客席からの「黒猫屋!!」の掛け声。
すげー。上手い事言う。

終始に渡りステージをグルグル8の字に回る林檎さん。
可愛い。
お辞儀して手を合わせ、ステージをはける林檎さん。
可愛い。(2回言った)

アンコールで、
『透明人間』と『落日』をやり、本日の公演を締め。
透明人間は改めて聴いて、本当に好きだと確信。
好き過ぎてやばいです。
落日はアコースティックギターで。
静に流れる旋律に身を委ね、
メンバーがはける。
ステージ上に大きく東京事変の文字が浮かび上がり、
公演終了のアナウンス。
約2時間のステージに幕が降りるのでした。

公演終了後に隣に座っていたお嬢さんに声を掛けられる。
「最後のあの曲は何て言う曲ですか?とても良い曲だったので・・・」と。

えーと、分かりません・・・。

とりあえず聴いたことがあるから新曲ではないよ、と言う旨は伝え、
「前のアルバムに入ってるんですかね??私『ADULT』しか持ってないので・・・;;」
と言うお嬢さんに、ああーそうかもしれないですね!!
だって聴いた事あるし!!と・・・。

家帰って調べたら、
『修羅場』のカップリングでした・・・orz
うわーーー適当なこと言った!ごめんなさい!!
正直CDの有無に関わらず、同じアーティストの曲なら
アルバムもシングルもごちゃ混ぜにしてまとめてMDにぶち込んで聴くので、
曲名とか、収録CDとか、全く分からんのです・・・。
このレポも、曲名が分からんのでコミュトピをかなり参考にさせて頂きました・・・。
あああ反省・・・。悪いことしたわー;;
もうちょっと、曲名とか、覚えなあかんね・・・。


【セットリスト】
01.雪国
02.現実を嗤う
03.少女ロボット
04.歌舞伎
05.秘密
06.そのをんな淑女ふしだらにつき
07.現実に於て
08.顔 faces
09.入水願い
10.ミラーボール
11.手紙
12.サービス
13.C'm'on Let's go!(カバー曲)
14.ブラックアウト
15.本能
16.スーパースター
17.Dynamite
18.修羅場
19.御祭騒ぎ
20.喧嘩上等

EN
01.透明人間
02.落日

群青日和がなかったのが、唯一の心残りかな。
聴きたかった。
でも最高のライブでした!!また行きたい!!!
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a vicious life, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。